抗体保有者調査

抗体は、感染の既往を示唆します。
抗体があるとは、感染したことがある、ということになります。抗体保有者が多いということは、すでに感染し治癒した人が多いということになります。一般の感染症では、抗体保有者は再感染しないと考えられています。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対しては、被検者の鼻咽頭拭い液や咽頭拭い液の中に、新型コロナウイルスのRNAがあるかどうか調べる「PCR検査」が行われています。PCR検査は、“新型コロナウイルスの存在そのものの有無”を調べるための検査で、検査結果からは「現在ウイルスに感染しているかどうか」が明らかになります。

それに対して「抗体検査」は、被検者の血液の中に、”新型コロナウイルスに対する抗体の有無”を調べるための検査です。抗体とは、ウイルスや細菌、がん細胞などの異物に対して身体の免疫機構が応答し、体内で産生される蛋白質のことで、ウイルスや細菌、がん細胞に結合する特徴を持ちます。抗体には幾つかタイプがありますが、一般的に抗体検査では、ウイルスや細菌の感染初期に増えてきて、回復後に減っていくIgMと、IgMに若干遅れて増えてきて、比較的長期にわたって免疫に記憶されるIgGを測定・検出します(図1)。しかし、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)においては、未だ未知の部分も多く、抗体保有者の再感染の有無、抗体保有期間など、明確な知見は存在していません。

それでも、PCR検査と抗体検査(IgM、IgG)の結果を組み合わせることで、新たな臨床的な知見が得られることも事実です(表1)。

表1 IgM/IgG血清学的検査結果の臨床的意義

図1 感染後のSARS-CoV-2 RNAおよび抗原、IgM、IgGのレベルの変動

新型コロナウィルス​抗体保有者調査とは、抗体検査キット(図2)を使って、被検者の抗体の有無を調べます。検査方法は、被検者の血液をキットに滴下し、専用の検体緩衝液を2滴滴下、15分静置することで結果が判明します。問診内容を含めて、検査結果を集計し、職場内の抗体保有者の状況を報告します。

​図2 抗体検査キット

​図3 抗体検査キット使用方法

Copyright © 2020 NASARO Inc. All Rights Reserved.​

運営会社:株式会社ナサロ